トップページ(今日これ!)-->自作パーツを選ぶ-->Skylake Pentium G4500を見る

SkylakeのPentium性能良すぎるから!! 最新Pentium シリーズを見つめてみた

6世代目となるCoreシリーズのSkylake。この世代のPentiumが発売されていて、2コア2スレッドのCPUであるが、シングルコアの性能が数年前のCPUよりも格段に上がっていることがわかったので、今さらながらも低価格CPUのPentiumを、クローズアップしてみる。

シングルコアの性能が立派

まず目を見張るのは、シングルコアの性能がアップしていること。少し前のフラッグシップCPUの「Core i7-3770K」とSkylakeの「Pentium G4500」をシングルコアで比較してみると、なんと「Pentium G4500」のほうが勝っている。

ノートパソコン上位のCPUに匹敵する

ノートパソコンなどに使われる上位CPU「Core i7-6500U (2C/4T 2.5GHz/TB3.1GHz)」の、CINEBENCH R15の結果は、シングルコア132、マルチコア302。一方、Pentium 4500のシングルコアは146、マルチコアは285なので、ノートパソコンの上位機種のパワーに匹敵していた。

Pentiumの性能向上は着実に続いていた

次は、Ivy bridge からのPentium の性能の変遷を示しているグラフで、ずいぶんとシングルコアパワーがアップしていることが見て取れ驚くほど。 表にあるCeleron G3900は、Pentium G4500と同世代のCPUなのだが、性能はイマイチといったところである。

お手頃な価格なのでとてもありがたい

大事なのは価格で、ショップの価格を実際に見てみる。参考のために2種類のPentiumを掲載した。ワンランク下になるG4400は、クロックが3.3GHzのPentiumで、その価格差は1000円台前半になっている。どちらのCPUも、「なかなかの性能」に裏打ちされて、安さの魅力が光っています。


内蔵GPUの3Dグラフィックス性能

内蔵GPUの3Dグラフィックス性能だが、Pentium G4500は「Intel HD Graphics 530」を搭載しているので、 ひとつグレード下のPentium G4400(Intel HD Graphics 510搭載)よりも、性能が良いのがわかる。ただ、ビデオカード搭載環境との性能差は段違いなので、FPSゲーム等、フレームレートが重要な時はビデオカードが必要になる。

「Pentium G4500」その使い道は?

Pentium G4500 はシングルコアの性能が過去のトップクラスCPUよりも高く、コストパフォーマンスの良さと合わせて考えると、「強力な処理を必要としない自作パソコン」、「安く仕上げたい自作パソコン」を組むときには、もちろん使い道が大となるが、旧世代のPCをマザーボードから一新して、マシンの性能を底上げしたいときにも役立つだろう。ただし、バリバリと3Dゲームをする人や、写真などの処理を重視するなら、旧製品でも4コアのほうが有利なことは、頭においておこう。

今回の比較で思ったのは、Pentiumはずいぶんと進化して、安いから処理が遅いとは言い切れないCPUとなり、存在感を増しているように思う。

この記事もオススメ