トップページ(今日これ!)-->パソコンを選ぶ-->格安(プチプラ)モバイルノートはどれがいい?[LAVIE Direct NM]はおすすめ

格安(プチプラ)モバイルノートはどれがいい?[LAVIE Direct NM]はおすすめ

NEC格安モバイルノート。このノートは10万円を切る価格を実現しながらもスペックは、実用的なものになっている。そこで、他社モバイルノートで10万以内の製品を比べながら、[NEC LAVIE Direct NM]の魅力を見てゆく。

軽くて安いパソコンには、どんなのがある?

まずは、持ち運びできるノートパソコンのうちで、10万円以内の格安なものを選んでみた。

名前 NEC Lavie Direct NM 富士通 LIFEBOOK WU1/X HP EliteBook Folio G1/CT NEC LAVIE NM350/GA
11.6 インチ
904g
13.3 インチ
1.55kg
12.5 インチ
970g
11.6 インチ
904g
SSD 128GB
メモリ 4GB
HDD 500GB
メモリ 4GB
SSD 128GB
メモリ 8GB
SSD 128GB
メモリ 4GB
CPU Core m3-7Y30 Celeron 3855U(1.6GHz) Core m3-6Y30  Core m3-7Y30
その他 メーカー直販
オフィスなし
バッテリー13.5時間
メーカー直販
オフィスなし
バッテリー9時間
メーカー直販
オフィスなし
バッテリー8.0-8.6時間
一般店で販売
オフィスあり
バッテリー12時間
価格(税抜)
()

()

()
(価格コム)
()
名前 NEC Lavie Direct NM 富士通 LIFEBOOK WU1/X
11.6 インチ
904g
13.3 インチ
1.55kg
SSD 128GB
メモリ 4GB
HDD 500GB
メモリ 4GB
CPU Core m3-7Y30 Celeron 3855U(1.6GHz)
その他 メーカー直販
オフィスなし
バッテリー13.5時間
メーカー直販
オフィスなし
バッテリー9時間
価格(税抜)
()

()
名前 HP EliteBook Folio G1/CT NEC LAVIE NM350/GA
12.5 インチ
970g
11.6 インチ
904g
SSD 128GB
メモリ 8GB
SSD 128GB
メモリ 4GB
CPU Core m3-6Y30  Core m3-7Y30
その他 メーカー直販
オフィスなし
バッテリー8.0-8.6時間
一般店で販売
オフィスあり
バッテリー12時間
価格(税抜)
()

()

格安パソコンなのに軽いという実力

大抵のパソコンは格安=重いかったのだが、このパソコン「NEC Lavie Direct NM」はそれを打ち破って904グラムを実現している。富士通の格安パソコンは、13.3インチ+ハードディスクで、1.55kgとだいぶ重く持ち運びは少し重いだろう。HPは970グラムの軽さで、持ち運びに向いている。 そしてサイズ、「NEC Lavie Direct NM」の横幅は27センチと、カバンに入れやすい大きさなのだ。

格安ノート、CPUの早さを比較してみると

「NEC LAVIE Direct NM」のいいところは、7世代目のCPU「Core m3-7Y30」を使っていることにある。1世代前の「Core m3-6Y30」と比べてみると、シングルコアで20%ほど性能が向上をしている。かなり大きな差といえる。

ビジネスアプリ、ウィンドウズ動作などがなるべく快適に使うには、シングルコア性能を参考にするとよい。下図では、シングルコア性能はアプリケーションなどの動作速度を把握するのに役立ち、これが大きいほど、アプリケーションを使ったときのサクサク感が増す。RAW現像、ゲームや動画編集にはマルチコア性能がものを言う。 Celeron 3855U は、はっきり言って「遅い」ので、これを搭載したパソコンはおすすめしない。

ベンチマークはCinebench R15 で、今回のパソコンを実測したものではありませんが、目安になるので掲載しました。

キーボードの使いやすさ、「キーピッチ」は合ってる?

ひとつの目安として、キーボードの打ちやすさは、キーピッチという数値を見るとわかる。これは、キーとキーの間隔が、何ミリあるのかを表している。デスクトップパソコンのキーボードは19mmくらいで、広々と打ちやすい。「NEC LAVIE Direct NM」のキーピッチは19mm、「富士通のLIFEBOOK WU1/X」 は17.8mmと小さめのピッチになっている。このピッチが小さいと、指と指をくっつけながらキーを打つことになる。しかしながら、手が小さい人は、キーピッチが狭くても打ちやすいという人もいるので、打ちやすさは人によってそれぞれ。買う前には、指になじむキーボードか量販店でチェックしたほうが良さそうである。

USB端子、後ろにあるのが残念

今のノートパソコンは、側面にSDカードスロットやUSBコネクタ類がついているのだが、「NEC LAVIE Direct NM」は背面にあるので、抜き差しは多少面倒だと思う。(慣れれば、見ないでもさせるかもしれません)

薄さとカッコ良さを求めると?

これまた直販モデルだが、「HP EliteBook Folio G1/CT」は薄く、なんと12.4mm。ちなみに、「NEC LAVIE Direct NM」は18.5mm、「富士通 LIFEBOOK WU1/X」は21㎜なので、ダントツ薄くてかっこいいのは、「HP EliteBook Folio G1/CT」なのでした。それともう一つ、「NEC LAVIE Direct NM」の本体色は、店頭モデルは買えないパールブラックが用意されている。


NEC LAVIE Direct NM パールブラック

HP EliteBook Folio G1/CT

メインドライブの容量には注意

自宅にデスクトップやノートなど、メインパソコンに写真や動画データを保存する人は、SSDが128GBの容量でも良いかもしれないが、この「NEC LAVIE Direct NM」にデジカメの写真や動画を入れておきたい人は、容量が足りなくなるので256GBを選択しよう。 このモデルと同じ機種で、量販店で売っている「NEC LAVIE NM350/GA」では、容量をアップできないので、ダイレクトモデルのほうが魅力に映る。もしも、このパソコンをメインパソコンにするなら、ほどなく容量不足になるので、256GB以上のカスタマイズが良い選択になるだろう。

価格を比べてみるとメーカー直販が安い

メーカー直販 NEC Direct で販売している「NEC LAVIE Direct NM」は、クーポンを使って買うと86,000円。一方、量販店で売っている「NEC LAVIE NM350/GA」は価格コム最安で、128,129円と、ずいぶんと値段が違っているのがわかる。NEC Directで買う方が圧倒的にお得だろう。(2017/4/13現在 オフィスありなしの違いあり)

「NEC LAVIE Direct NM」という機種について

性能は実用的、重さは軽くて携帯しやすく、USB端子が後ろにあったとしても、価格がとても安いので、それを、差し引いても大きな魅力が残るのである。出先でのレポート書き、旅行、出張に力を発揮してくれると一台になると思う。

販売先


この記事もオススメ