トップページ(今日これ!)-->自作パーツを選ぶ-->マイクロソフトのNEW「Surface Pro」とNEW「Surface Laptop」

マイクロソフトのNEW「Surface Pro」とNEW「Surface Laptop」

モバイルPCで人気の、「Microsoft Surface Pro」の新モデルと、13.5型ノートパソコンの「Microsoft Surface Laptop」が発売された。

iconicon

写真はSurface Proです

新発売のSurfaceには、「Surface Pro」 と「Surface Laptop」 の2種類あって、「Surface Pro」は12.3インチで768gのPCで、タブレットとして、持ち運びノートパソコン(キーボードは別売りです) として使えるモデル。「Surface Laptop」は13.5インチサイズのノートパソコンで、1.25kgと少し重いが、コンパクトな本体で、広めの画面サイズなのが特徴。手書きや携帯性を重視するなら「Surface Pro」、画面の大きさと作業性を重視するなら「Surface Laptop」が選択肢となる。

どちらも、タッチパネル付きで、手書きにも対応しているが、ペンは別売りになっている。

ハードウェアの性能は、ノートパソコンと同等の性能で、タブレットクラスのハードスペックとは一線を画している。そのため、ウィンドウズ10は快適に動いてくれる。どちらも、画面の比率は、3:2比率で、16:9のように、横長すぎず、タブレットと同様な比率になっている。

Surface Pro

12.3インチ、768g~、手書き可能

icon icon

画面の広さよりも、軽くて持ち運びのしやすさを重視するとき、このSurface Proの得意分野である。タブレットとして使ったり、手書きをしたい人は、この「Surface Pro」を選択しよう。

キーボードと画面保護を兼ねるタイプカバーは別売だが、必須アイテムと言える。シックなカラーバリエーションで、4種類から選べるようになっている。 表面は、防水のファブリック(布)でできていて、高級感が漂う。タイプカバーの重量は310グラムで、本体と合わせると、合計1078g以上になる。

icon icon

「Surface Pro」は、CPUはm3/i5/i7から、メモリは4GB/8GB/16GB、ストレージはSSDオンリーで128GB~1TBの選択肢がある。サイズは、292 x 201 x 8.5 (mm)。

Surface Laptop

13.5インチ、1.25kgより

icon icon

「Surface Laptop 」は、13.5インチの広さをもったノートパソコンで、持ち運び可能なメインノートという位置づけのモデルで、重さは1.25kg。さて、インストールされているOSは、「Windows 10 S」という、ストアアプリのみ使うことができる、新しいOSになる。従来からあるデスクトップアプリを使うときは、Windows 10 Pro に無料で、切り替えて使うことができる。また、別売りのペンで、手書きはできるものの、変形させて手に持ちながら描く、2in1パソコンとは違うので、書きづらくなることにはご注意を。

カラーは、落着きある4種の色彩から選べる。アルカンタラ製の布を使用したキーボードは丈夫で、手ざわりが良く、防水性を備えている。

icon icon

icon icon

icon icon

「Surface Laptop」のハードのスペックは、CPUはi5/i7から選択、メモリは4GB/8GB/16GB、ストレージはSSDオンリーで128GB~512GBの選択肢がある。サイズは、308.1 x 223.27 x 14.48 (mm)。

「Surface Pro」と「Surface Laptop」の嬉しい点は、オフィスが標準で付いているのに、価格が安いこと。さすが本家マイクロソフトといったところである。

「Surface Pro」は、7月29日現在、Wi-Fiモデルのみだが、今後LTEモデルも投入される予定なので、このLTEモデルの動向も注目したい。さて、Surface シリーズも、これで何度目かのモデルチェンジとなったが、パソコンメーカーとして、マイクロソフトの力量はどうなのか、様々なレビューを参考にしてほしいと思う。

icon icon

写真はSurface Proです

この記事もオススメ