1. トップ >
  2. メーカー別パソコン >
  3. 富士通パソコン

富士通パソコンカテゴリ

◇持ち運び用◇13.3型◇ダイレクトモデル
現在価格
約698g 世界最軽量ノート
2019年7月発売

富士通 LIFEBOOK WU2/D2 (ダイレクトモデル)

軽量で丈夫なモバイルノート

世界一の軽さ約698グラムの富士通「LIFEBOOK WU2/D2」。13.3型のモバイルノートでは圧倒的な軽さです。軽量化により心配なのが本体の頑丈さですが、ディスプレイ部に肉厚フレーム構造を採用したりと、厳しい強度試験をクリアできる本体構造になっています。バッテリーの持ちは約11.5時間で、軽量ノートPCの中で優秀な性能を示しています。

バッテリーの持ちが良い

バッテリーの容量は本体の重さとトレードオフの関係にあります。世界最軽量モデルの場合、698グラムの本体重量で約11.5時間(25Wh)のバッテリーの持ち。軽量モデルは855グラムの重量で約24時間(50Wh)持ちます。改良によってバッテリーがより長持ちするようになり、「軽量」と「長持ちするバッテリー」を両立できるようになりました。

顔認証機能

ウィンドウズにサインインするのに便利な機能も搭載されています。ディスプレイ上部のカメラで顔を認証させてサインインします。パスワードを打つ手間から解放されます。

USBコネクタ

USBコネクタは、USB 3.1 Type-Cが2つ、USB 3.1 Type-Aを2つ搭載。すべてUSB 3.1に統一されました。Type-Cは小型で表裏なく差し込める便利なコネクタ。さらに、USB 3.1 Type-Cの1つは他のコネクタよりも2倍高速なGen2対応です。

標準で3年保証付き

3年間の保証が標準で付いています。パソコンという精密機器の3年保証は大変ありがたいものです。

スペック表

富士通 LIFEBOOK WU2/D2 (一例)
(世界最軽量モデル)
CPU Core i5-8265U (4コア8スレッド 1.6GHz/3.9GHz) (4コアCPU)
メモリ8GB (標準的な容量)
ストレージSSD 256GB(PCIe接続で高速)
液晶13.3インチ(16:9) フルHD対応
重さ約698g
サイズ309(W) × 212(D) × 15.5(H)mm
バッテリー約11.5時間(JEITA 2.0)(長持ちする)
形態タッチパネルなし
認証機能顔認証
OSウィンドウズ 10 Home 64ビット
オフィス なし (オプションで選択可)
ソフトウェア「筆ぐるめ 26」「PaintShop Pro 2019 SE」「PowerDirector 16 for FUJITSU」「ATOK 2017」など付属
保証期間3年間 (標準3年保証)
その他○光学ドライブ無し○USB 3.1(Gen2) Type-C ×1, USB 3.1(Gen1) Type-C ×1, USB3.1(Gen1) Type-A ×2 (1ポートはパワーオフ充電機能付き)○HDMI端子,Bluetooth v5.0,無線LAN○SDカードスロット
価格(割引クーポン使用後)

実用アプリがインストール済み

画像加工用に「PaintShop Pro 2019 SE」、動画編集に「PowerDirector 16 for FUJITSU」、日本語IMEの「ATOK 2017」、ハガキ作成の「筆ぐるめ26」等々インストール済み。実用アプリでパソコンでできることが広がります。

カスタマイズのポイント

「LIFEBOOK WU2/D2」には世界最軽量モデルと軽量モデルがあります。世界最軽量モデルは、約698グラムの軽さで持ち運びやすさが魅力。CPUはi5、i7を選択可能、バッテリーの容量は25Whで容量変更はできません。

軽量モデルの場合は、約747~855グラムで、バッテリーの容量(25Wh or 50Wh)を選択したり、リーズナブルな2コアCPUのCore i3-8145Uを選択できます。軽量モデルでも十分に実用的な軽さです。


「Core i3-8145U」は2コアのCPUで、ターボブースト機能を搭載し、シングルスレッドでは前世代Core i7‐7500Uに引けを取らないパワーを持ちます。ビジネスアプリ、ネット、フォトレタッチ、(高解像ではない)動画編集向き。

「Core i5-8265U」「Core i7-8565U」は4コアのCPU。RAWをJPGに変換したり、動画編集で力を発揮します。YouTube動画などを制作する方は4コアがおすすめ。


(このノートPCの実測値ではありませんが、CPUの性能比較の参考に)
(Core i7-7500Uは比較用に記載)

カスタマイズ

〇低価格重視

Core i3-8145U + メモリ 4GB + SSD 256GB + 25Wh

2コアCPUのCore i3と、容量が256GBのSSD、約11.5時間もつ25Whのバッテリーを搭載。本体重量は約747グラムと軽い。メモリの容量が不安な時は8GBにします。

〇軽さを求める方

Core i5-8265U + メモリ 8GB + SSD 256GB + 25Wh

世界最軽量モデルで、本体は約698グラム。スペックは4コアのCPUとSSD容量256GBの安心の組み合わせです。バッテリー容量は25Whのみ選択可能。

〇4コア+長時間バッテリー

Core i5-8265U + メモリ 8GB + SSD 256GB + 50Wh

処理能力が高い4コアのCPUを搭載するので、動画編集やRAWの現像に強さを見せます。約24時間のロングバッテリーを搭載して、重量は約855グラムとそれでも軽いです。

カラーリング

ピクトブラックの外観は世界最軽量モデル

ピクトブラック ガーネットレッド アーバンホワイト
ピクトブラック
ガーネットレッド
アーバンホワイト

販売先 (富士通 LIFEBOOK WU2/D2)


◇持ち運びノート◇13.3型◇ダイレクトモデル
現在価格
世界最軽量を実現したモバイルノート
2018年11月発売

富士通 LIFEBOOK WU2/C3 (ダイレクトモデル)

軽量でバッテリーが長持ちするノート

「富士通 LIFEBOOK WU2/C3」は、世界最軽量の約698グラムを実現した持ち運び用のノートパソコンです。軽量に磨きをかけてもバッテリーの持ちは良く、改良の結果、11.5時間も持つようになりました。この大きな改良には、企業の並々ならぬ努力を感じました。ウィンドウズのログイン認証機能には、便利な顔認証でログインすることができます。ハード面では、SSDや8世代のコアi5,i7を選択可能、軽量ノートにふさわしい快適なカスタマイズができます。

世界最軽量を達成する

世界最軽量モデルは13.3インチディスプレイで、約698グラムになり、軽かった全モデルよりもさらに磨きがかかりました。今回は、素材や構造をゼロから見直したとのことで、軽くなったにもかかわらずバッテリーが長持ち。25Whのバッテリー容量で、前モデルの8.3時間から11.5時間と、約1.39倍の飛躍的な伸びを見せています。

顔認証でログイン

指紋認証機能がなくなり、次いで顔認証機能が搭載されました。顔認証機能があると自分の顔を認証させてウィンドウズにログインでき、パスワードを打つ手間が省けて便利です。

2つのUSB Type-Cを搭載

USB端子は、USB 3.1 Type-Cが2つ、USB 3.0 が2つ搭載されています。2つのUSB 3.1 Type-C端子はそれぞれ転送速度が違い、5Gbpsの転送速度のGen1と、10GbpsのGen2が1つずつ搭載されています。Type-Cには、スマホの接続やポータブルSSDなどの接続に便利です。

富士通 LIFEBOOK WU2/C3

スペック表

富士通 LIFEBOOK WU2/C3 (世界最軽量モデルの場合)
CPU Core i5-8265U (4コア8スレッド 1.6GHz/3.9GHz) (4コアCPU)
メモリ8GB (標準容量)
ストレージSSD 256GB (M.2スロット SATA)
液晶13.3インチ(16:9) 非光沢 フルHD対応
重さ約698g~(25Wh 世界最軽量モデル) (抜群の軽さ)
サイズ309(W) × 212(D) × 15.5(H)mm
バッテリー約11.5時間(容量25Wh)(JEITA 2.0) (バッテリーの持ちが良い)
形態タッチパネルなし(選択可能)
OSウィンドウズ 10 Home 64ビット
オフィス なし (オプションで選択可)
ソフトウェア「筆ぐるめ 25」「PaintShop Pro 2018 for FUJITSU」「PowerDirector 16 for FUJITSU」など付属
保証期間3年間 (標準3年保証付き)
その他○光学ドライブなし○USB 3.1(Gen2) Type-C×1, USB 3.1(Gen1) Type-C×1, USB3.0 ×2 (1ポートはパワーオフ充電機能付き),ダイレクトメモリースロット(SDカード対応),HDMI端子○Bluetooth 5.0,無線LAN
価格 (割引クーポン使用後)

3年保証が標準付属

メーカー3年保証が標準で付いてきます。精密機器の3年保証付きは安心感が違います。この3年保証はメーカー直販、富士通WEB MARTならではのサービスになっています。

便利なソフトが標準で付く

WU2/C3には、実用ソフトがインストールされています。はがき、年賀状作成ソフト「筆ぐるめ25」、フォトレタッチソフト「PaintShop Pro 2018 for FUJITSU」、動画編集ソフト「PowerDirector 16 for FUJITSU」。日本語IMEにジャストシステムの「ATOK for Windows」も付いてきます。

コストと性能を考えたパーツの組み合わせ

この「LIFEBOOK WU2/C3」は、カスタマイズパソコンなので、コストや性能を考えながら楽しく選択できます。例として用途別に、おすすめの3種類をカスタマイズします。

メモリは標準的な8GBで、SSDの容量はある程度の写真や動画データの保存や、追加アプリのインストールを考えて、容量256GBがおすすめ構成です。


とにかく軽いのが欲しいなら、世界最軽量モデルがおすすめ。約698gの超軽量、11.5時間のバッテリーの持ちが最大の魅力。4コアCPUのCore i5でどんな処理も高速に。SSD容量は標準的な256GBを選択しました。

現在価格 ()


8世代目の2コアCPU「Core i3」は処理能力が格段にアップしています。下グラフのように、シングルコアでは前世代i7に匹敵するので、アプリの動作は軽快です。マルチコア性能はCore i5より落ちますが、写真加工や、動画編集に十分対応できる性能です。

現在価格 ()


パワフルなCore i5とSSD 256GBの組み合わせ。バッテリー容量は50Wh搭載して、約24時間の駆動時間を実現。約915gの重量でも十分に軽いノートPCです。動画編集を重視する方は、Core i5やCore i7を選択するのがポイントです。

現在価格 ()


(このノートPCの実測値ではありませんが、CPUの性能比較の参考に)

カラーリング

ピクトブラック ガーネットレッド アーバンホワイト
ピクトブラック
ガーネットレッド
アーバンホワイト

販売先 (富士通 LIFEBOOK WU2/C3)


◇自宅用15.6型◇ダイレクトモデル
現在価格
SSDとHDD搭載の 15.6インチノート
2019年2月モデル

富士通 LIFEBOOK WA3/D1 (ダイレクトモデル)

4コアCPU搭載の高速ノートパソコン

富士通の「LIFEBOOK WA3/D1」は広い15.6インディスプレイで作業しやすい、自宅やオフィス用のノートパソコンです。ストレージにはSSDとハードディスクを搭載しています。SSDを搭載しているので、電源を入れてからデスクトップが表示されるまでの時間が高速。処理速度は4コアCPUでミドルクラス以上の力を発揮、安心な性能を実現します。

SSDでパソコンの速度が向上

SSD搭載のパソコンの利点は、ウィンドウズの起動、終了にかかる時間が短く、アプリの動作はキビキビして速いことです。ウィンドウズ10はバックグラウンドでマルウェアのチェックといったストレージにアクセスする処理を行っていて、ハードディスクでは結構きついなと思います。そのためパソコンの速度は、CPUの性能のみでなく、SSDの搭載がカギを握っています。

このモデルには、SSDとハードディスクの2つのストレージを搭載しています。ウィンドウズとアプリはSSDに、写真や動画はハードディスクに保存するという使い方で、データの保存容量を考慮して作られています。

映像がきれいな光沢液晶

ディスプレイは映像が奇麗に見える光沢タイプを採用。タブレットやスマホの画面が光沢タイプなのでお馴染みだと思います。外光の反射が気になる人もいますが、やはり、画像や動画は光沢タイプのディスプレイの方が圧倒的に綺麗です。

カスタマイズの仕方

4コアCPUのCore i5が処理速度とコストパフォーマンスの点でおすすめです。ウィンドウズやアプリの動作速度を快適にしたり、ビジネス系アプリから動画編集まで難なくこなせる安心のCPUです。

富士通 LIFEBOOK WA3/D1
実測値ではありませんが、参考になると思います。

ストレージは、ハードディスクだけ搭載したり、SSDとハードディスクの両方を搭載できますが、SSDオンリーという選択はできません。ハードディスクにウィンドウズがインストールされているパソコンはとても遅いです。コストは上がりますが、SSD搭載のパソコンをおすすめします。SSDの容量の選択ですが、インストールするアプリはどれくらいの容量が必要なのか調べてSSDの容量を選択します。

標準で3年保証付き

3年間の保証が標準で付いています。パソコンという精密機器の3年保証は、大変ありがたいと思います。

スペック表

富士通 LIFEBOOK WA3/D1 (一例)
CPU Core i5-8250U (4コア8スレッド 1.6GHz/3.4GHz) (4コアCPU)
メモリ8GB (標準的な容量)
ストレージSSD 128GB + ハードディスク 1TB(SSDの容量は256GB以上もおすすめ)
液晶15.6インチ(16:9) フルHD対応
重さ約2.3kg
サイズ361(W) × 244(D) × 27.1(H)mm
バッテリー約7.5時間(JEITA 2.0)
形態タッチパネルなし
顔認証機能メタリックブルーを選択時のみ有り
OSウィンドウズ 10 Home 64ビット
オフィス なし (オプションで選択可)
ソフトウェア「筆ぐるめ 26」「PaintShop Pro 2018 for FUJITSU」「PowerDirector 16 for FUJITSU」「ATOK 2017」など付属
保証期間3年間 (標準3年保証)
その他○DVDスーパーマルチドライブ○USB 3.1(Gen1) Type-C ×1, USB3.0 ×2 (1ポートはパワーオフ充電機能付き),USB 2.0 ×1 ○HDMI端子,Bluetooth v4.1,無線LAN○SDカードスロット
価格 (割引クーポン使用後 )

上位モデルは顔認証機能付き

コアi7を選択した場合は、色がカッコいいメタリックブルーの選択が可能になります。綺麗な色あいを見ているだけで欲しくなるパソコンです。さらに、顔認証センサーオプションも搭載可能になり、最上位のポジションにふさわしいスペックです。

富士通 LIFEBOOK WA3/D1
上位機種 LIFEBOOK WA3/D1 メタリックブルー。コアi7と顔認証機能を搭載。

標準ソフトがうれしい

「ATOK 2017」 は日本語入力ソフトで、MS IMEに替えて使用するソフトです。変換の正確性の高さが売りのソフトが、このパソコンには標準で付いています。その他は、画像編集用に「PaintShop Pro 2018 富士通版」、ハガキ作成用に「筆ぐるめ26」や動画編集ソフトがインストールされてきます。

また、オフィス系ソフトはオプションで、定番の「Microsoft Office Home and Business 2019」、コスパのいいオフィス互換ソフトの「 キングソフト WPS Office Standard 」を選択できます。「WPS Office Standard 」は、キングソフトのサイトからダウンロード販売で買うよりも、かなり安い価格で手に入りお得です。

カラーリング

メタリックブルーはCore i7選択時のみ

メタリックブルー プレミアムホワイト ブライトブラック
メタリックブルー
プレミアムホワイト
ブライトブラック

販売先 (富士通 LIFEBOOK WA3/D1)


◇自宅用15.6型◇ダイレクトモデル
現在価格
安心性能 15.6インチノート
2018年6月モデル

富士通 LIFEBOOK WA3/C2 (ダイレクトモデル)

安心の標準ノートPC

2018年夏、モデルチェンジした15.6インチノートPCの中で、SSDとハードディスク、2つのドライブを搭載したモデルが、富士通の「LIFEBOOK WA3/C2」です。SSD搭載によるウィンドウズの快適さと、4コアCPU「Core i5」の力強い動作が特徴で、現在のトレンドを満たした1台になっています。

 

SSDの力でスムーズに

このモデルでは、ウィンドウズを快適にするSSDを選択することができます。ウィンドウズアップデートや複数のアプリのインストールなどで、ウィンドウズ10の速度は遅くなっていきます。従来のようにハードディスクをメインドライブにしたパソコンも販売されていますが、ウィンドウズの起動や終了、アプリ起動の速度を考えるとやはり、SSDを搭載することが、重要な点だと思っています。

このモデルには、SSDとハードディスクを両方搭載できるようになっていて、写真や動画などのデータ保存には、大容量のハードディスクを使える工夫がされています。

本体の作り

ディスプレイの左右のフチが7.8ミリの幅で、狭額縁と呼ばれています。この改良によって、従来のノートパソコンと比べて、パソコン自体の幅もコンパクトになりました。横幅は36センチで、机に置きやすいと思います。

キーボードは、デスクトップと同じくフルサイズのキーボードで、キーとキーの間隔は18.4ミリ、押し下げ幅は2.5ミリになっていて、ノートパソコンでも打ちやすいキーボードに作られています。

カスタマイズ

CPUは、4コアのi7とi5、2コアのi3から選択可能で、4コアのi5がコスパと性能の点からおすすめです。i3はビジネス系アプリやネットなど軽めの処理や、写真の加工などに向いています。処理速度が欲しい時には4コアのCore i5以上を選択します。

SSDの容量は、ここでは128GBを選択していますが、インストールするアプリの容量により、必要な容量を見積もって、256GB以上を選択してゆきます。

メモリについてですが、ビジネス系のアプリだけを使用するなら、4GBでも問題ありませんが、複数のウェブサイトを開いたり、動画を編集するという方は8GB以上の選択をおすすめします。

スペック表

富士通 LIFEBOOK WA3/C2 (一例)
CPU Core i5-8250U (4コア8スレッド 1.6GHz/3.4GHz) (強力4コアのCPU)
メモリ8GB (標準的な容量)
ストレージSSD 128GB + ハードディスク 1TB(SSDでウィンドウズが速い)
液晶15.6インチ(16:9) フルHD対応
重さ約2.3kg
サイズ361(W) × 244(D) × 27.1(H)mm
バッテリー約7.5時間(JEITA 2.0)
形態タッチパネルなし
指紋認証機能メタリックブルーを選択時のみ有り
OSウィンドウズ 10 Home 64ビット
オフィス なし (オプションで選択可)
ソフトウェア「筆ぐるめ 25」「PaintShop Pro X9 for FUJITSU」「PowerDirector 15 for FUJITSU」「ATOK 2017」など付属
保証期間3年間 (標準3年保証)
その他○DVDスーパーマルチドライブ○USB 3.1(Gen1) Type-C ×1, USB3.0 ×2 (1ポートはパワーオフ充電機能付き),USB 2.0 ×1 ○HDMI端子,Bluetooth v4.1,無線LAN○SDカードスロット
価格 (割引クーポン使用後 )

標準で3年保証付き

3年間の保証が標準で付いてきます。パソコンという精密機器の3年保証は、大変ありがたいと思います。

上位モデルは指紋センサーが使える

このモデルよりもCPU(頭脳)の性能が1ランクアップしたCore i7を搭載したモデルには、指紋センサーを搭載することが可能で、指紋でウィンドウズにサインインができるので便利です。また、カラーリングには、かっこいいメタリックブルーを選ぶこともできます。

富士通 LIFEBOOK WA3/C2
上位機種 LIFEBOOK WA3/C2。コアi7と指紋センサーを搭載、メタリックブルーを選択可能。

カラーリング

写真は、i5選択時の外観です。

ブライトブラック プレミアムホワイト ガーネットレッド
ブライトブラック
プレミアムホワイト
ガーネットレッド

販売先 (富士通 LIFEBOOK WA3/C2)


FUJITSU ESPRIMO WD1/C2(2018年7月発売)

現在価格



(ディスプレイは別売、ワイヤレスキーボード、マウスはオプション)

コンパクトさを追求、実現させたデスクトップPCの「ESPRIMO WD1/C2」。横幅は5.4センチほどで、奥行き、高さは19センチ以内に収まって、省スペースに優れたパソコンである(設置台なしの場合)。スペースを取らないデスクトップにこだわりたい方におすすめ。本体写真を見ていると、何かしらの魅力を感じるデザインである。

特徴
スペック

SSDやコアi7をカスタマイズ可能

実用ソフトが充実していて、年賀状ソフトやフォトレタッチソフトがインストールされてくる。それを考えると価格は安く設定されていると思う。さらに、3年保証が標準で付いくるので、いざというときも安心である。

CPUは3種類から選択できる。ビジネスアプリ、ネット、写真加工向きの廉価な2コアCPUのCeleron G4900T。動画編集もそこそこやりたいという方や普段使うアプリを快適に動かしたい方は、4コアのコアi3以上の選択を。

ストレージは、ウィンドウズを快適に動かしたい場合はSSDを選択し、コストをなるべく抑えたいときにはハードディスクを選択。ハードディスクとSSDを両方搭載したデュアルストレージもカスタマイズが可能になっている。デュアルストレージの利点は、ウィンドウズやアプリはSSDにインストールし、写真や動画などの大きなデータはハードディスクに保存することで、高速性と保存容量の両立を図ることができる。

FUJITSU ESPRIMO WD1/C2

別のカテゴリ
  1. ⇨ NECノートパソコン  
  2. ⇨ dynabookパソコン  

  3. ⇨ HPパソコン  
  4. ⇨ 最新おすすめノートパソコン  

この記事もオススメ