1. トップ >
  2. ノートパソコン >
  3. 最新おすすめノートパソコン >
  4. VAIO S13 (2017年9月モデル)

VAIO S13 カスタマイズモデル (VJS1321)(直販モデル)

◇持ち運び用◇13.3型◇直販モデル
現在価格
LTE搭載の「VAIO」13型モバイルノート
2017年9月発売

VAIO S13 カスタマイズモデル (VJS1321)(直販モデル)

「VAIO S13」の魅力

VAIOからは長らく新機種が発売されませんでしたが、2017年9月に、13型の新モバイルノートが登場しました。カッコいいVAIOの雰囲気はやはり健在です。13.3型のディスプレイサイズと、1.07kgの重さ、LTEを搭載可能で、持ち運びに力を発揮するノートパソコンです。

性能、スペックについて

メインドライブは軽量化とウィンドウズの動作速度が快適になるSSDを搭載しています。電源を入れてからの立ち上がりやアプリの速度は速くなり、快適になるでしょう。例では、SSD容量は256GBを選択していますが、128GB~1TBまで選択可能です。写真や動画を多く保存する方は、用途に合わせ容量アップしましょう。

CPUのカスタマイズですが、価格の安い「Celeron 3865U」を選択できるようになっていますが、処理能力は低いので、i3以上を選択すると、処理能力の点で安心です。特にアプリケーションの動作速度の快適さを求めるなら、「i5-8250U」より上のクラスが良選択となります。CPUの選択はパソコンの速度を決定的にする要の部品なので、後悔しないように選択したいものです。

スペック表

VAIO S13(VJS1321) カスタマイズ例
CPU Core i5-8250U (4コア8スレッド 1.6/3.4GHz) (高い性能。写真、動画で力を発揮する)
メモリ8GB (DDR3なので、旧式のメモリである)
SSD256GB (SATAタイプでも体感速度は格段に上がる)
液晶13.3インチ(16:9)
フルHD(1920 x 1080)、アンチグレア (←反射を抑える)
重さ約1.07kg (バッテリーの容量もあって、1kg以上の重量)
サイズ320.4(W) × 216.6(D) × 15~17.9(H)mm
バッテリー約11.5~12.5時間(JEITA 2.0) (長持ちする)
LTEあり(選択可能)
指紋認証あり(選択可)
形態タッチパネルなし
OSウィンドウズ 10 Home 64ビット
オフィス なし (有料で選択可)
保証期間3年ベーシック (標準3年保証がVAIOの良いところ)
その他○光学ドライブ非搭載○USB 3.0 x 3(1ポートは給電機能付き)○SDメモリカードスロット○無線LAN内蔵○Bluetooth 4.1
価格 ()

「LTE/3G」を搭載できる

次に、オプションでは、指紋認証機能とLTEスロット搭載を選択することが可能で、用途に合わせて選択できるようになっています。指紋認証は、指をかざすだけでウィンドウズにログインできるもので、パスワードを打つよりも便利なので、仕事で離席が多かったり、電源をオンオフを頻繁にする人にはおすすめです。

 

LTEは、SIMカードを差し込んで、流行りの格安SIMを使用することができ、外出時に簡単にネット接続できるので魅力です。価格は+15000円(2017/9/22)となっています。VAIO S13は、持ち運んで利用するシーンが多いため、LTE対応のSIMスロットがあると、活躍の幅が広がると思います。

重さ、サイズ、その他のこと

横幅は32センチと、他社の13.3型ノートが30.5センチなのと比べると、やや大きめのサイズです。厚みは、15~17.9ミリなので、こちらの方は薄くできています。

USB端子は、すべてUSB 3.0で、USB 3.1やType-Cの端子はありません。ここは、少しばかり、残念なところです。

 

キーボードは、チルトアップヒンジという機構を採用し、ディスプレイを開くとキーボードが持ち上がって角度が付き、打ちやすくなります。キーストロークは1.2mm、キーピッチは19mmという仕様で、持ち運び用ノートPCの中では、標準的な仕様です。また、タイプ時の音を低減する構造で、周りを気にしなくても打てるように作られています。

カラーリング

2種類

ブラック、シルバー
ブラック、シルバー

販売先 (VAIO S13)


この記事もオススメ